世界経済連鎖する危機 : 「金融危機」「世界同時不況」の行方を読む

中島厚志, 吉崎達彦, 塚崎公義 著

オバマはアメリカを危機から救えるか。世界恐慌突入は回避できるか。中国は世界の牽引役になれるか。いま日本がなすべきことは何か。いまだかつてない金融危機が起きている現状と大転換期を迎えている世界経済に対して強い問題意識を共有して議論した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 金融危機で大転換する世界経済-「一〇〇年に一度」の衝撃と急減速する世界の景気
  • 第2章 オバマ新大統領はアメリカを危機から救えるか-金融再生、景気浮揚、雇用創出というハードルへの挑戦
  • 第3章 二〇〇九年の世界経済を展望する-アメリカ、欧州、新興国、日本はどうなるか
  • 第4章 世界経済のシステム転換は起こるのか-アメリカ支配の行方と新しい世界秩序の可能性
  • 第5章 未曾有の危機は日本のチャンスになる-経済ショックを「負の構造」から脱却するきっかけとせよ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界経済連鎖する危機 : 「金融危機」「世界同時不況」の行方を読む
著作者等 中島 厚志
吉崎 達彦
塚崎 公義
書名ヨミ セカイ ケイザイ レンサスル キキ : キンユウ キキ セカイ ドウジ フキョウ ノ ユクエ オ ヨム
書名別名 Sekai keizai rensasuru kiki
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2009.2
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-492-39509-7
NCID BA89028681
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21544190
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想