近江絹糸人権争議の研究 : 戦後民主主義と社会運動

上野輝将 著

[目次]

  • 課題と方法-労働運動史から社会運動史へ
  • 第1部 人権争議の諸前提(戦前近江絹糸株式会社の沿革と労資関係
  • 戦後の近江絹糸株式会社-急膨張と金融資本 ほか)
  • 第2部 人権争議-その基軸と周縁(人権争議の発生と拡大
  • 政治問題化-調停失敗と妥協 ほか)
  • 第3部 人権争議と「戦後社会」(人権争議と地域社会
  • 人権争議とマスコミュニケーション ほか)
  • 近江絹糸人権争議の歴史的意義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近江絹糸人権争議の研究 : 戦後民主主義と社会運動
著作者等 上野 輝将
書名ヨミ オウミ ケンシ ジンケン ソウギ ノ ケンキュウ : センゴ ミンシュ シュギ ト シャカイ ウンドウ
出版元 部落問題研究所
刊行年月 2009.2
ページ数 382p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8298-2070-4
NCID BA89161375
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21548961
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想