孫ピン兵法 : もうひとつの『孫子』

孫ピン 著 ; 金谷治 訳・注

『史記』や『漢書』にその名が記載されながら、二千年にわたって姿を隠していた幻の兵書『孫〓(ぴん)』。1972年、山東省臨沂県銀雀山の紀元前二世紀ごろの漢墓から出土した竹簡によって、『孫子』には在来の『孫子』(孫武)と『孫〓(ぴん)』の二種類あることが判明。『史記』『漢書』の記述の正しさが立証された。本書はその竹簡の全訳。在来の『孫子』は深い思想性を特色とするが、本書『孫〓(ぴん)』は戦国時代という社会状況を反映して、騎兵戦・攻城戦・陣法など、より具体的・実際的な戦術が展開される。二つの『孫子』を合わせ読むことにより、生死を賭けた人間の知恵と行動の原理が把握できよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 擒〓(ほう)涓
  • "見威王"
  • 威王問
  • 陳忌問塁
  • 簒卒
  • 月戦
  • 八陣
  • 地葆
  • 勢備
  • "兵情"〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 孫ピン兵法 : もうひとつの『孫子』
著作者等 孫 臏
金谷 治
書名ヨミ ソン ピン ヘイホウ : モウ ヒトツ ノ ソンシ
書名別名 Son pin heiho
シリーズ名 孫臏兵法
ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.10
ページ数 270p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09178-9
NCID BA87379470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21540295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想