追憶の夜行列車  2 (さよなら〈銀河〉)

種村直樹 著

2008年3月、東海道の夜を駆け続けた急行"銀河"が惜しまれつつ姿を消し、2009年春には、ブルートレイン"はやぶさ""富士"もその使命を終えようとしている。これら名高い三列車をはじめ、昭和から平成の鉄道史を飾った夜汽車の雄姿を追った、レイルウェイ・ライターの夜行ルポ選集第2弾。最後に乗車した"銀河"の模様から鉄道の未来までを語り合った、松本典久氏との対談も併録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 さよなら"銀河"(東海道の夜を守る"銀河"
  • 対談 "銀河"が駆けた日々)
  • 2 名列車の軌跡(東北を駆ける新しい星-座席夜行特急15M"ゆうづる3号"ブルートレイン32列車"北星"
  • 根室→長崎 夜行急行四本でつなぐ"最後の汽車旅"-"大雪""八甲田""きたぐに""さんべ"
  • 上野→函館 北海道への道-特急"ゆうづる5号"+青函連絡船25便
  • 特急"あかつき"Legato SEATの旅
  • 東京‐西鹿児島 "はやぶさ"は今日も走る
  • 老いらくのブルートレイン"富士")

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 追憶の夜行列車
著作者等 種村 直樹
書名ヨミ ツイオク ノ ヤコウ レッシャ
書名別名 さよなら〈銀河〉
巻冊次 2 (さよなら〈銀河〉)
出版元 SiGnal
刊行年月 2008.12
ページ数 233p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-902658-11-8
NCID BA90439526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21538026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想