高齢者は社会的弱者なのか : 今こそ求められる「老いのプラン」

袖井孝子 著

少子高齢化・人口減少時代の今こそ、「弱者としての高齢者」ではなく、自立してしっかりと生きていくことが高齢者自身に求められる。本書では、家族学の専門家である著者が、人口問題から将来の高齢者像を予見し、介護保険制度や福祉サービス等のサポート体制を検証しながら、高齢期を「依存」ではなく「自立」して元気に生きるためのヒントを提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 エイジフリー社会の中での生き方
  • 1章 長くなった人生に「老いのプラン」は欠かせない
  • 2章 依存する高齢者から自立した高齢者へ
  • 3章 日本の社会保障制度は高齢者にやさしいか
  • 4章 いきいき輝いて生きるシニアたち
  • 終章 「少子人口減少社会」の危機を乗り越えてこそ
  • 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高齢者は社会的弱者なのか : 今こそ求められる「老いのプラン」
著作者等 袖井 孝子
書名ヨミ コウレイシャ ワ シャカイテキ ジャクシャ ナノカ : イマ コソ モトメラレル オイ ノ プラン
シリーズ名 Minerva21世紀福祉ライブラリー 24
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2009.1
ページ数 173, 17p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-623-05341-4
NCID BA88698099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21535064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想