リスボンの最後のカバリスト

リチャード・ジムラー 著 ; 木村光二 訳

ユダヤ人がスペインから追放されてから十数年後の1506年4月、ポルトガルの首都リスボンでユダヤ人への大虐殺が起こった。その日、写本彩飾師であり伯父である偉大なカバリスト(ユダヤ神秘主義者)が、秘密の地下の礼拝場で、若い女性と一緒に全裸で殺されていた。主人公は犯人を求めて、ユダヤ人迫害が猖獗している市街を命がけで駆けまわる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リスボンの最後のカバリスト
著作者等 Zimler, Richard
木村 光二
ジムラー リチャード
書名ヨミ リスボン ノ サイゴ ノ カバリスト
書名別名 The last kabbalist of Lisbon

Risubon no saigo no kabarisuto
出版元 而立書房
刊行年月 2009.1
ページ数 438p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88059-346-3
NCID BA89144955
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21534782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想