文学の読み方

J.ヒリス・ミラー [著] ; 馬場弘利 訳

30年間の批評理論の激動を踏まえて、「文学とは何か」「今、なぜ文学を読むことが必要なのか」「文学はいかに読むべきか」を、理論と具体的なテクストの読みをリンクさせながら解説。アリストテレス、ホメロス、デフォー、ヘンリー・ジェイムズ、ドストエフスキー、プルースト、ブランショ、デリダ、クッツェー、トロロープなどの多彩な文学世界を、作品を読み込んでいない読者にも理解できるよう、できるだけ具体的な文例を軸にして分析。平易な叙述で作品の読み方とその面白さを説きつつ、文学の本質的問題に鋭く迫る。キーワードを挙げながらの説明は"現代思想と文学"への手引きともなっており、米国の脱構築的批評理論の第一人者によるまたとない文学入門である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文学とは何か
  • 第2章 バーチャル・リアリティとしての文学
  • 第3章 文学の秘密
  • 第4章 なぜ文学を読むのか
  • 第5章 文学の読み方
  • 第6章 比較による読み方、あるいは骨折り損をすること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学の読み方
著作者等 Miller, J. Hillis
Miller, Joseph Hillis
馬塲 弘利
Miller J.Hillis
ミラー J.ヒリス
書名ヨミ ブンガク ノ ヨミカタ
書名別名 On literature

Bungaku no yomikata
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.11
ページ数 221, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024647-7
NCID BA88042698
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21541307
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想