配転・出向・降格の法律実務

石嵜信憲 編著 ; 延増拓郎, 宮本美恵子, 田中朋斉 著

長期雇用を前提としている多くの日本企業にとって、時々の経済状況等に応じて組織を維持するには人材の異動が必要不可欠である。しかし、人事異動は対象となった労働者に仕事だけでなく家庭生活においても多大な不利益を及ぼす可能性がある。そのため、経営者は人事権を公正に行使することで労働者との間に信頼関係を構築する必要がある。本書では、配転・出向等について実務的な解説を行い、加えて、昇進、昇格、降格といった役職間での異動にも言及する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現今の「人事」と法律問題
  • 人事
  • 転勤
  • 職種変更
  • 出張
  • 出向
  • グループ経営と出向
  • 転籍
  • 海外出張・転勤・出向
  • 会社分割と出向・転籍
  • 海外出張・転勤・出向
  • 会社分割と出向・転籍
  • 昇進
  • 昇格
  • 降格
  • 最高裁の役割と人事の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 配転・出向・降格の法律実務
著作者等 宮本 美恵子
延増 拓郎
田中 朋斉
石崎 信憲
石嵜 信憲
書名ヨミ ハイテン シュッコウ コウカク ノ ホウリツ ジツム
書名別名 転勤・出向・転籍等の法律実務
出版元 中央経済社
刊行年月 2008.12
ページ数 389p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-502-97420-5
NCID BA88964512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21530009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想