群島-世界論

今福龍太 著

「世界」を「群島」として再創造する新たな思想の誕生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • デルタの死者たち
  • 時の疾走
  • 浦巡りの奇蹟
  • 南の糸、あるいは歴史の飛翔力
  • 二世の井
  • メランコリーの孤島
  • 種の起源、「私」の起源
  • 名もなき歴史の子供
  • 誰でもない者の海へ
  • 薄明の王国
  • ブラジル島、漂流
  • 私は舌である
  • 音楽の小さな環
  • 一九二二年の贈与
  • 言語の多島海
  • イデアとしての鯨
  • 痛苦の規範
  • ハヌマーンの地図
  • 白熱の天体
  • 私という群島

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 群島-世界論
著作者等 今福 竜太
書名ヨミ グントウ - セカイロン
書名別名 Gunto - sekairon
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.11
ページ数 545p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-022621-9
NCID BA88042891
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21543991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想