百鬼夜行絵巻の謎

小松和彦 著

二〇〇七年七月、画期的な絵巻「百鬼ノ図」が発見される。この新発見の絵巻の登場によって"謎"だらけといわれてきた百鬼夜行絵巻のミステリーが一気に解け、これまでの定説は完全にくつがえることになったのである。著者は、国内外にある百鬼夜行絵巻の伝本六十余の画像をすべて収集、それらの詳細な分析により、絵巻の成立と系譜の全容の解明をはたす。この発見と研究のプロセスを収録した本書は、妖怪研究第一人者による、百鬼夜行絵巻研究の決定版である。本邦初公開の「百鬼ノ図」をはじめ、初紹介の伝本多数をカラーで掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 すべては日文研本「百鬼ノ図」から始まった!(「百鬼ノ図」と中世
  • 次々にわかってきたこと)
  • 第2章 「謎」だらけの百鬼夜行絵巻(「謎解き」の歴史
  • 本格的な「謎解き」)
  • 第3章 百鬼夜行絵巻の全諸本が分類できる(四つの系統がある
  • 組み合わせの着眼点)
  • 第4章 妖怪イメージ誕生の秘密(擬人化と妖怪
  • 戯画から妖怪へ
  • 妖怪の出現を描く)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 百鬼夜行絵巻の謎
著作者等 小松 和彦
書名ヨミ ヒャッキ ヤギョウ エマキ ノ ナゾ
書名別名 Hyakki yagyo emaki no nazo
シリーズ名 集英社新書ヴィジュアル版
出版元 集英社
刊行年月 2008.12
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720472-8
NCID BA88340346
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21516290
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想