公共経済学

奥野信宏 著

人口減少と高齢化の進むなかで、生活環境の整備、地方の活性化、産業の国際競争力の強化、財政状況の改善、環境問題といった諸課題をどう分析し解決していけばよいのか。政府や地方自治体をはじめ、「新たな公」としてのNPOや地域コミュニティーなど、市場経済における、広い意味での公共部門の新たな機能と役割を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 公共経済学がめざすこと
  • 日本経済と公共部門
  • 公共サービスの供給
  • 社会的決定
  • 公共支出の評価-社会的費用・便益分析
  • 税と公債
  • 自然独占の環境変動と規制改革
  • 公共料金
  • 日本の公共投資と社会資本
  • 高齢社会の経済環境1-所得分配、年金・医療・介護
  • 高齢社会の経済環境2-公共交通
  • 地方分権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公共経済学
著作者等 奥野 信宏
書名ヨミ コウキョウ ケイザイガク
書名別名 Kokyo keizaigaku
シリーズ名 現代経済学入門
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.11
版表示 第3版.
ページ数 215p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-026697-0
NCID BA88069366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21541151
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想