国家補償法概説

西埜章 著

現在の国家補償法の水準を明解に示す。この分野で実績のある著者の長年の研究成果を学習者用にコンパクトに概説した。論点を網羅し最新の多くの通説・判例を引用のうえ考察している。平易な文章による叙述、クロスレファレンスの多用、小見出しの細分化、設問の設定等初学者にも学びやすい工夫がなされ、訴訟実務にも目配りしている。学生・院生や実務家の学習に最適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国家補償法総説(国家補償の意義と類型
  • 国家補償の機能)
  • 第2章 国家賠償(国家賠償制度の沿革
  • 公権力の行使に基づく損害の賠償責任 ほか)
  • 第3章 損失補償(損失補償制度の沿革
  • 損失補償の意義 ほか)
  • 第4章 公法上の危険責任(公法上の危険責任の意義と種別
  • 刑事補償 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家補償法概説
著作者等 西埜 章
書名ヨミ コッカ ホショウホウ ガイセツ
シリーズ名 国家賠償法
出版元 勁草書房
刊行年月 2008.11
ページ数 313p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-40250-2
NCID BA8790049X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21515114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想