認知療法の技法と実践 : 精神療法の接点を探って

大野裕 著

[目次]

  • 第1部 精神分析から認知療法へ(認知療法の理論と技法
  • 認知療法と対人関係療法
  • 弁証法的行動療法(Dialectic Behavior Therapy)
  • ストレスに対する認知療法的対応-抑うつ状態への対処を中心に
  • 精神療法からみたアレキシサイミアの概念の意義
  • 短期精神療法における精神分析技法
  • 境界パーソナリティ患者の治療における受身性と中立性について
  • 精神療法の接点を探って-精神分析の臨床的発展)
  • 第2部 認知療法の実践的応用(うつ病の認知療法
  • うつ病の薬物療法と精神療法
  • パニック障害の認知療法
  • 抑うつを伴う回避性パーソナリティ障害の認知療法
  • 社会不安障害の診断と治療-薬物療法と精神療法の併用
  • 身体表現性障害の治療-認知療法に基づく統合的アプローチ
  • 不妊患者の心のケアを考える
  • 対象喪失
  • Zen and Art of Psychotherapy)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知療法の技法と実践 : 精神療法の接点を探って
著作者等 大野 裕
書名ヨミ ニンチ リョウホウ ノ ギホウ ト ジッセン : セイシン リョウホウ ノ セッテン オ サグッテ
出版元 金剛
刊行年月 2008.11
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7724-1052-6
NCID BA88010625
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21515396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想