日本の書物への感謝

四方田犬彦 著

『古事記』にはじまり、『枕草子』、『方丈記』、『謡曲集』、芭蕉から鶴屋南北まで、いまの自分を形づくってきた書物たち。若いころに親しんだその追憶のままに本を手にし、再読する幸福、そしてあらたに気づかされたこと。日本の古典に感謝の気持ちをこめて、みずからの読書遍歴をたどった一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『古事記』
  • 『出雲国風土記』
  • 『竹取物語』
  • 『万葉集』
  • 『枕草子』
  • 『源氏物語』
  • 『今昔物語集』
  • 『梁塵秘抄』
  • 浦島太郎
  • 『金槐和歌集』
  • 『方丈記』
  • 『歎異抄』
  • 『正法眼蔵』
  • 『徒然草』
  • 『神道集』
  • 『謡曲集』
  • 『せんせう太夫』
  • 『天地始之事』
  • 芭蕉
  • 井原西鶴
  • 蕪村
  • 平賀源内
  • 上田秋成
  • 鶴屋南北〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の書物への感謝
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ ニホン ノ ショモツ エノ カンシャ
書名別名 Nihon no shomotsu eno kansha
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.10
ページ数 263p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024259-2
NCID BA87771342
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21512095
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想