ヨーロッパにおける政治思想史と精神史の交叉 : 過去を省み、未来へ進む : 政治思想研究会クオ・ヴァディス論文集

鷲見誠一, 千葉眞 編著

ヨーロッパ思想が日本を含む様々な国や地域でいかに受容され、変容してきたか、またそれは今日いかなる課題を提起しているか。ギリシア哲学とキリスト教を軸とするヨーロッパ精神史の流れを強く意識しつつ、政治思想史研究の現代的意義を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人間とは何か-ギリシア哲学から政治へ半歩
  • グノーシスと政治-マニ教を中心に
  • プロティノスにおけるコスモスと人間についての存在論的考察-『エンネアデス』4 3‐4(27‐28)(『魂の諸問題について』)を素材として
  • ウィリアム・オッカムと中世ヨーロッパにおける異端の概念
  • ドイツ宗教改革の精神史的位置づけにおける人文主義の意義-活動的生、教育、政治
  • カルヴァンにおける「終末論」と政治
  • ジョゼフ・ド・メーストルの国制論-『政治的国制の生成原理についての試論』における政治的神義論
  • 十九世紀フランス自由主義-遅れてきた勝利と未来の挑戦
  • ハーバート・スペンサーにおける「風土」と政治
  • 契約とコモンセンス-リンゼイのデモクラシー理論における伝統
  • 多元主義社会の成立条件-マーサ・ヌスバウムの政治哲学
  • 新帝国主義とキリスト教原理主義
  • 現代アメリカにおけるキリスト教平和主義
  • ヨーロッパ文化の再解釈と再受容-近代日本文化への反省の上に立って

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパにおける政治思想史と精神史の交叉 : 過去を省み、未来へ進む : 政治思想研究会クオ・ヴァディス論文集
著作者等 千葉 真
大貫 隆
将基面 貴巳
山本 巍
木部 尚志
田上 雅徳
藤田 潤一郎
高橋 康浩
鷲見 誠一
堤林 剣
川上 洋平
植木 献
矢野 卓也
神島 裕子
千葉 眞
書名ヨミ ヨーロッパ ニ オケル セイジ シソウシ ト セイシンシ ノ コウサ : カコ オ カエリミ ミライ エ ススム : セイジ シソウ ケンキュウカイ クオ ヴァディス ロンブンシュウ
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2008.10
ページ数 402p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1517-9
NCID BA87462381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21585588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想