ビューティフル・カンパニー : 市場発の経営戦略

嶋口充輝 著

「経世済民」の思想をベースに、品格のある会社を目指す。それがこれからの日本企業の進むべき方向性ではないだろうか。マーケティングは、そのためにこそ機能する経営者のための道具だ。著者は、マーケティングをミドルマネジメントのための一機能として語る時代は終わったと思っている。大事なのは4Pではなく、企業と顧客とのより良い関係性の構築だ。儲けるための経営ではなく、千客万来をつくるための経営が今、求められている。では、いかにそうした会社をつくり上げ、機能する仕組みを構築することができるのか。そのためには、従来のメーカーのために発展したマーケティングでも、サービスマーケティングでもない、新たなサービス・ドミナント・ロジックに基づくマーケティングの考え方が必要になる。それはどのようなものかについて語りたい。そして、そのために必要なアンビション、仕組み革新、マーケティング・マッスルなどについてもその考え方を紹介していきたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 新しい企業像を求めて
  • 第1章 マーケティングの持つ本来の意味とは
  • 第2章 ビューティフル・カンパニーの条件
  • 第3章 関係性マーケティングと千客万来のシステム
  • 第4章 顧客満足の追求とコーポレート・ガバナンス
  • 第5章 揺らぎ始めたモノ主導型マーケティング
  • エピローグ コーポレート・ブランドとビューティフル・カンパニー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビューティフル・カンパニー : 市場発の経営戦略
著作者等 嶋口 充輝
書名ヨミ ビューティフル カンパニー : シジョウハツ ノ ケイエイ センリャク
書名別名 Byutifuru kanpani
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2008.10
ページ数 208p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7973-4908-5
NCID BA87838603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21504350
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想