荒廃する職場/反逆する従業員 : 職場における従業員の反社会的行動についての心理学的研究

田中堅一郎 著

近年、企業における従業員や組織構成員による職場での横領や窃盗といった犯罪行為が問題になっている。日本の組織において事態が深刻化し研究需要が増していたにもかかわらず、この種の問題は研究課題として未開拓のままになっていたのである。そこで本書では、職場の人々や組織自体に直接危害を加える行動から、職場の人々の業務に悪影響を与えたり組織の効果的機能を損なう行動に至る様々な反社会的行動に注目し、加害者と被害者の両方の側面について心理学的視点から検討することを目的とする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 概説編(組職における反社会的行動研究のこれまで
  • 荒廃する職場の犠牲者(その1):職場の迫害、職場いじめ
  • 荒廃する職場の犠牲者(その2):職場におけるセクシュアル・ハラスメント)
  • 第2部 実証編(組織報復行動についての研究
  • 組織における反社会的行動の実態を探る:面接調査
  • 組織における反社会的行動の測定尺度作成とその規定要因を探る
  • 再び組織における反社会的行動の規定要因を探る:原因は「組織」か「個人」か
  • 職場の迫害に関する研究 ほか)
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荒廃する職場/反逆する従業員 : 職場における従業員の反社会的行動についての心理学的研究
著作者等 田中 堅一郎
書名ヨミ コウハイスル ショクバ ハンギャクスル ジュウギョウイン : ショクバ ニ オケル ジュウギョウイン ノ ハン シャカイテキ コウドウ ニ ツイテ ノ シンリガクテキ ケンキュウ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2008.10
ページ数 304p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-0281-1
NCID BA87522654
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21520154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想