モーツァルト=翼を得た時間

礒山雅 [著]

「時間を追い越し、時間が追いつけないほど足早に走って、高く飛翔してゆく」モーツァルトの本質とは何か。『フィガロの結婚』の革新性、「愛の讃歌」としての『コシ・ファン・トゥッテ』、「協奏曲」の冒険、『魔笛』『レクイエム』における「死と救済」…その「音楽美」をさまざまな角度から探り、モーツァルト演奏の愉しみ方を考える、贅沢な音楽論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 音楽の時間を翔る鳥-動き続ける永遠
  • 父、レーオポルト-管理との闘い
  • モーツァルトとヨーゼフ二世-ウィーンにおける一〇年
  • 『フィガロの結婚』-「与える」方向での人間化
  • 美を発見する天才-輝ける『ドン・ジョヴァンニ』
  • 『コシ・ファン・トゥッテ』-モーツァルトの愛の讃歌
  • 「協奏曲」-開かれた会話の音楽
  • 死と救済-『魔笛』と『レクイエム』をめぐって
  • 変わらざるモーツァルト-情報の洪水のなかで
  • モーツァルト演奏は、大胆に-『クラヴィーア・ソナタイ短調』の演奏史〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モーツァルト=翼を得た時間
著作者等 礒山 雅
書名ヨミ モーツァルト = ツバサ オ エタ ジカン
書名別名 モーツァルトあるいは翼を得た時間
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2008.10
ページ数 283p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-159898-0
NCID BA87399988
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21500752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想