激動期の美術

辻惟雄 編著

江戸から明治へと移り変わる激動の時代に、日本絵画の伝統を受け継ぎ、その革新に苦闘した画家たちの生涯を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 空飛ぶ絵師の眼-〓(けい)斎・北斎・貞秀
  • 菊池容斎-雅俗を越えて
  • 柴田是真-漆中筆あり
  • 五姓田芳柳・義松親子の見果てぬ夢
  • 月岡芳年-幻想の中の「江戸」へ
  • 清親の見た「文明開化」
  • 渡辺豊次郎/豊洲-「画家」になれなかった「絵師」
  • 幕末・明治の花鳥画と「日本画」の形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 激動期の美術
著作者等 児島 薫
塩谷 純
安村 敏信
山梨 絵美子
岡本 祐美
横田 洋一
菅原 真弓
辻 惟雄
書名ヨミ ゲキドウキ ノ ビジュツ
書名別名 Gekidoki no bijutsu
シリーズ名 幕末・明治の画家たち 続
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2008.10
ページ数 251p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8315-1215-4
NCID BA87693806
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21501498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想