菊と刀

ベネディクト 著 ; 角田安正 訳

第二次世界大戦中、米国戦時情報局の依頼を受け、日本人の気質や行動を研究した文化人類学者ベネディクト。日系人や滞日経験のある米国人たちの協力を得て、日本人の心理を考察し、その矛盾した行動を鋭く分析した。ロング・セラーの画期的新訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 研究課題-日本
  • 戦時下の日本人
  • 応分の場を占めること
  • 明治維新
  • 過去と世間に負い目がある者
  • 万分の一の恩返し
  • 義理ほどつらいものはない
  • 汚名をすすぐ
  • 「人間の楽しみ」の領域
  • 徳目と徳目の板ばさみ
  • 鍛錬
  • 子どもは学ぶ
  • 敗戦後の日本人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 菊と刀
著作者等 Benedict, Ruth
角田 安正
ベネディクト ルース
書名ヨミ キク ト カタナ
書名別名 The chrysanthemum and the sword
シリーズ名 光文社古典新訳文庫
出版元 光文社
刊行年月 2008.10
ページ数 545p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-75169-2
NCID BA8736184X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21490433
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想