総説カウンセリング心理学

福島脩美 著

カウンセリングの歴史と現在の課題を踏まえて、カウンセリングの諸理論から最新の技法まで、基本的な知識を実践に生かすという観点から解説。カウンセリングの開始から終結までの段階に即して実践場面で役立つ体験からの知見を開示。さらにカウンセリングを学ぶために不可欠なスーパービジョン、事例検討・事例研究についても紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 カウンセリングとは何か(現在社会とカウンセリング
  • カウンセリングの定義、歴史、社会的背景)
  • 2 カウンセリングの構造と機能(カウンセリングの構造
  • カウンセリングのはじめから終わりまで ほか)
  • 3 洞察と気づきへの手がかりを求めて(無意識過程への視線
  • 関係性と気づきへの視線 ほか)
  • 4 働きかけの手がかりを求めて(身体への定位と注意集中
  • 行動論的アプローチ ほか)
  • 5 カウンセリングを学ぶ(専門家として学ぶということ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 総説カウンセリング心理学
著作者等 福島 脩美
書名ヨミ ソウセツ カウンセリング シンリガク
書名別名 Sosetsu kaunseringu shinrigaku
出版元 金子書房
刊行年月 2008.10
ページ数 288p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7608-2621-6
NCID BA87468424
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21499757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想