赤羽正春 著

本州に生息するツキノワグマを中心に、熊と人との精神史的関係を描き、熊を通して人間の生存可能性にもおよぶ自然誌・動物文化史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 敬われてきた熊
  • 第1部 熊と人里(鳥海山のシシオジ・金子長吉と熊
  • 朝日山麓の小田甚太郎熊狩記
  • 大鳥の亀井一郎と熊
  • 飯豊山麓藤巻の小椋徳一と熊
  • 里と熊
  • 熊と食
  • 熊の捕獲
  • 狩りの組織と村の変貌)
  • 第2部 熊と人間が取り結ぶ精神世界(熊・母系・山の神
  • 熊を敬う人々
  • 山中常在で去来しない山の神、大里様と熊
  • 闇の支配者
  • 熊の霊
  • 熊の頭骨
  • 熊の像
  • 熊祭りの性格)
  • 第3部 文芸にみられる熊
  • 熊神考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名
著作者等 赤羽 正春
書名ヨミ クマ
書名別名 Kuma
シリーズ名 ものと人間の文化史 144
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.9
ページ数 371p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21441-7
NCID BA87176156
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21516422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想