風の王国 : 星の宿る湖

毛利志生子 著

ロナアルワの事件に終止符を打った翠蘭たちは、コンポを出発しヤルルンに向かう。無事ヤルルンの聖寿大祭に参加し、王太子ラセルと王女イェルカの披露目を終えた翠蘭は、リジムの父で吐蕃の大王であるソンツェン・ガムポと王国のこれからと王位について話し合う。そこで翠蘭はある大胆な決断をするのだが。愛しい人々、新しい約束、永遠に繋がるこの大地。消えない想いを胸に翠蘭は前進する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風の王国 : 星の宿る湖
著作者等 毛利 志生子
書名ヨミ カゼ ノ オウコク : ホシ ノ ヤドル ミズウミ
書名別名 Kaze no okoku
シリーズ名 コバルト文庫
出版元 集英社
刊行年月 2008.10
ページ数 285p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-08-601215-7
NCID BA89031846
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21492933
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想