近代日本のドイツ語学者

上村直己 著

日本の近代化に大きな役割を果たしたドイツ。その学問や技術の伝達を陰から支えたドイツ語学者たち。彼らの情熱と努力の足跡をたどり、近代史の知られざる側面を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中央大学予科ドイツ語教授岡倉一郎
  • 第2章 亀井藤太郎と「東京学院」
  • 第3章 谷口秀太郎と独逸語専修学校
  • 第4章 北里闌の留学とドイツ語劇
  • 第5章 東京帝国大学独逸文学科教授青木昌吉
  • 第6章 東京外国語学校教授田代光雄
  • 第7章 『悲劇群盗』訳者堀田正次
  • 第8章 天才ドイツ語学者大津康の生涯
  • 第9章 五高ドイツ語教授小島伊佐美小伝
  • 第10章 小論集

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本のドイツ語学者
著作者等 上村 直己
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ ドイツゴ ガクシャ
書名別名 Kindai nihon no doitsugo gakusha
出版元 鳥影社
刊行年月 2008.10
ページ数 429p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86265-155-6
NCID BA87254941
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21496004
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想