ホーソン実験の研究 : 人間尊重的経営の源流を探る

大橋昭一, 竹林浩志 編著

[目次]

  • 第1部 ホーソン実験の概要(ホーソン実験の全容
  • 照明実験の概要
  • 第1次継電器組立作業実験の大要-ホーソン効果の形成過程
  • 第2次継電器組立作業実験と雲母剥ぎ作業実験-2つの補足的実験
  • 従業員面接活動の進展過程-インタビュー活動からカウンセリング活動へ
  • バンク捲き線作業観察実験の概要-インフォーマル集団の解明)
  • 第2部 ホーソン実験研究の進展(ホーソン実験成果の公表とその反響-1960年代ごろまでのホーソン実験論の状況
  • ホーソン実験50周年記念シンポジウムの概要-ホーソン実験の影響分野とその状況
  • ホーソン効果の実体についてのいくつかの見解-経営学、社会学、心理学等の分野を中心に
  • ホーソン効果をめぐる教育学分野の諸論調-「マイナスのホーソン効果論」
  • ホーソン研究の本質をめぐる論争-マルクス主義の立場からの批判の提起
  • ホーソン実験についての最近の諸論調-1990年以降における諸論調を中心に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホーソン実験の研究 : 人間尊重的経営の源流を探る
著作者等 大橋 昭一
竹林 浩志
書名ヨミ ホーソン ジッケン ノ ケンキュウ : ニンゲン ソンチョウテキ ケイエイ ノ ゲンリュウ オ サグル
出版元 同文舘
刊行年月 2008.9
ページ数 231p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-495-37761-8
NCID BA87077267
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21487396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想