悪妻物語

林房雄 著

[目次]

  • 第一話 鍊金物語 / 3
  • その一 鍊金術は人間永遠の學であり、松江の富豪黃翁がこれに熱中するといふ話。
  • その二 黃翁が母銀生子の術を學ぶために、道士とその美しい妾を自宅に案內するといふ話。
  • その三 いよいよ鍊金の祕法が始まり、黃翁と道士が美人問答をするといふ話。
  • その四 黃翁が重大な決心をして別莊の庭にしのびこみ、下僕におどろかされて逃げて歸るといふ話。
  • その五 五十歲の老翁が二十五歲に若返へり、密室の中で素睛しい鍊金祕術を行ふといふ話。
  • その六 白銀は灰となつたが、決して灰にならぬものが後に殘つたといふ話。
  • 第二話 禁慾物語 / 39
  • その一 何の因果か佛のお弟子。坊主も我慢できなくなれぱ、妻をもらふといふ話。
  • その二 寶蓮寺の子寶觀音。一夜泊れば子供ができるといふ話。
  • その三 狸和尙と名長官。長官が最後の手段を講ずるといふ話。
  • その四 良家の妻女、實は娼妓。種子丸と春意丸の話。
  • その五 牢屋の暴動。主謀者は釋迦と孔子らしいといふ話。
  • 第三話 變裝物語 / 75
  • その一 吳富豪邸內の不思議な尼寺。袁巡察官が藪をつついて蛇を出せなかつたといふ話。
  • その二 苗天秀が靑雲の志を立て、都にのぼる舟の中で、怪しい美少年僧にめぐり逢ふといふ話。
  • その三 尼僧の身の上話。功德庵の夜每の宴會と恐しい祈禱。取りはづしの出來るらしい牛の角の話。
  • その四 開かれた運河をたどり、都に着くといふ話。
  • その五 苗天秀の復讐、犬の舌によつて驢馬の物を堀り出すといふ話。
  • 第四話 易者物語 / 115
  • その一 大道易者が不逞な豫言をして、役人を怒らせるといふ話。
  • その二 易者の豫言がどうやら適中しはじめたらしいといふ話。
  • その三 二つの結婚が同時に起ると、易者が豫言するといふ話。
  • その四 易といふものは、無慈悲で、しかも賴りないものぢやといふ話。
  • その五 政治は易の飜譯であり、眞相は常に簡單だといふ話。
  • 第五話 惡妻物語 / 147
  • その一 晝寢の名人の小役人が、夢の中で蝶々になり、やがて大哲學者になるといふ話。
  • その二 墓の土を羽根扇であふぐ女と莊子の奇妙な即興詩の話。
  • その三 美靑年の登場と若い未亡人の動搖。男の哲學には御用心といふ話。

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 悪妻物語
著作者等 林 房雄
書名ヨミ アクサイ モノガタリ
出版元 京橋出版社
刊行年月 1953
ページ数 180p
大きさ 19cm
NCID BA5395149X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53001898
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想