荘子の二十四の寓話 : 「チョウの夢」他

荘子 著 ; 北尾克三郎 訳注

荘子(荘周ともいう)は、紀元前四世紀に中国の宋(現在の河南省)の地方に生まれた。青年時代は地元のウルシ園の役人をしていたこともあるが、世間での栄達を望まず、自然を慈しみ、自由な精神と著作に生きた人である。その荘子の生きた時代は、すでに今日の文明の原型ともいえる人間中心主義の社会が成立しており、そうではない、もう一つの社会のあり方を説く、彼のエコロジカルな考え方には時をこえて共感させられる。この荘子の考え方を表わしたもの、それが彼の著述したユニークな寓話の数々なのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • "ホウ"という名の巨大な鳥
  • 巨大なヒョウタンとセンダンの樹
  • 天の笛
  • 猿とトチの実「朝三暮四」(ことわざ)
  • 人とドジョウと猿
  • 影とセミのぬけがら
  • チョウの夢
  • 牛刀の舞い「庖丁、牛を解く」(ことわざ)
  • カマキリと虎と馬「蟷螂の斧」(ことわざ)
  • 無用の大木〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荘子の二十四の寓話 : 「チョウの夢」他
著作者等 北尾 克三郎
荘子
書名ヨミ ソウシ ノ ニジュウヨン ノ グウワ : チョウ ノ ユメ ホカ
出版元 プロスパー
刊行年月 2008.8
ページ数 154p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86180-032-0
NCID BA88174393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21475063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想