世界のキルト文化図鑑 : 様々な布と民族の手仕事

キャロライン・クラブトゥリー, クリスティーン・ショー 著 ; 福井正子 訳

パッチワーク、キルティング、アップリケは、当初、布を節約して再利用したり、擦りきれた箇所の補強をしたり、別のものを付け足して保温性を高めるといった、暮らしの知恵から生み出された技術であった。やがて時代が移り、今やその技術は、布地を引き立てるための装飾や潤色に重点がおかれつつある。身近な素材から織り上げられる様々な布と民族とのかかわりを紹介しながら、世界中の人々がつくり上げた、目を見張るほど精巧で、手のぬくもりに満ちたキルトの魅力に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 素材(コットンとリネン
  • ウールとフェルト
  • シルクとベルベット
  • レザー(革)とスキン(皮)
  • リボンとブレード
  • プリントした布
  • 染色)
  • 第2章 用途(家庭
  • 衣服)
  • 第3章 構造(キルティング
  • アップリケ
  • パッチワーク)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界のキルト文化図鑑 : 様々な布と民族の手仕事
著作者等 Crabtree, Caroline
Shaw, Christine
福井 正子
ショー クリスティーン
クラブトゥリー キャロライン
書名ヨミ セカイ ノ キルト ブンカ ズカン : サマザマナ ヌノ ト ミンゾク ノ テシゴト
書名別名 Quilting,patchwork and applique

Sekai no kiruto bunka zukan
出版元 柊風舎
刊行年月 2008.8
ページ数 191p
大きさ 29cm
ISBN 978-4-903530-20-8
NCID BA86942166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21475561
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想