ナサニエル・ホーソーンを読む : 歴史のモザイクに潜む「詩」と「真実」

阿野文朗 著

歴史と、コミュニティーと、日本という三つの視座から、ナサニエル・ホーソーンを考察。第一部で、植民地時代のニューイングランド史に多くの題材を求めたホーソーンの歴史的次元に注目し、第二部で、作品の現代性を支える大きな要因としてホーソーンとコミュニティーの問題を論じ、第三部で、明治期以来親しまれてきたホーソーンと日本の関わりを取り上げて、最後に、ホーソーン研究を中心に「日本における外国文学研究の可能性」を模索する。ホーソーン研究者、待望の1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ホーソーンとアメリカ(ホーソーンとアメリカ植民地史-茶番劇「ボストン封鎖」とミシアンザ舞踏会
  • ホーソーンのインディアン観-「ヒロイズムの象徴」から「怒れる雌トラ」に変わったダストン夫人
  • 「総督官邸の伝説」に隠されたホーソーンの意匠-この素晴らしい騙し絵
  • 『緋文字』再読-セイラムの「税関」を通って再生へ)
  • 第2部 彷徨う「宇宙の追放者」たち(『ブライズデイル・ロマンス』に見るホーソーンの孤立観-コミュニティー、そして帰属と離脱の方程式
  • 『七破風の家』に見る孤立脱却のテーマ-運命共同体としての「家」とその住人たち
  • 「父親探求」の物語としての「人面の大岩」-そして、いつまでも父親になりたくないアーネスト)
  • 第3部 ホーソーンと日本(『パーレー万国史』と文明開化-明治期における世界史事始め
  • ホーソーンと『日本遠征記』-「陳腐ならざる話題」としての日本
  • 日本における『緋文字』の受容-欧米文化導入と日本のキリスト教徒たち
  • 日本における外国文学研究の可能性-ホーソーンを中心として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナサニエル・ホーソーンを読む : 歴史のモザイクに潜む「詩」と「真実」
著作者等 阿野 文朗
書名ヨミ ナサニエル ホーソーン オ ヨム : レキシ ノ モザイク ニ ヒソム シ ト シンジツ
書名別名 Nathaniel Hawthorne
出版元 研究社
刊行年月 2008.8
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-327-47217-7
NCID BA86665270
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21466181
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想