亡霊としての歴史 : 痕跡と驚きから文化人類学を考える

太田好信 著

時間の流れに逆らうように、過去の出来事がわたしたちの社会に憑りつくあり様、このいわば「時間の脱節」に着目し、世界に対しつねに驚きを持ちつづけるという強い意志から研究対象を描きなおす。人類学再想像のための「私的リーディング・ガイド」を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 亡霊と痕跡、そして驚き-「憑在論」から見える世界
  • 第1章 終焉を拒む先住民たちの歴史-「返還」と媒介としての人類学的実践
  • 第2章 通過中の民族誌-社会過程として「民族誌を書くこと」
  • 第3章 歴史のなかのミメシス-ディラン/グアテマラ/九・一一以降の世界
  • 第4章 グアテマラ・マヤ系先住民と言語権-征服が痕跡として残る社会における「権利」をどう捉えるか
  • 第5章 文化の所有と流用-亡霊と痕跡が支配する時間からの試論
  • 第6章 録音技術と民俗誌記述-近代のエートスとしての保存文化
  • 第7章 ネオリベラリズムが呼び起こす「人種の亡霊」-グアテマラの未来に残るテロルの痕跡
  • 第8章 ルース・ベネディクトと文化人類学のアイデンティティ-『菊と刀』から『文化のパターン』へと遡行する読解の試み
  • 付録1 人類学をつくり直す-『芸術人類学』について
  • 付録2 文化人類学の魂を探す-私的「リーディング・リスト」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 亡霊としての歴史 : 痕跡と驚きから文化人類学を考える
著作者等 太田 好信
書名ヨミ ボウレイ ト シテ ノ レキシ : コンセキ ト オドロキ カラ ブンカ ジンルイガク オ カンガエル
書名別名 Ghost histories

Borei to shite no rekishi
シリーズ名 叢書文化研究 6
出版元 人文書院
刊行年月 2008.6
ページ数 263p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-409-53037-5
NCID BA86324575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21493970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想