大和三山の古代

上野誠 著

香具山、畝傍山、耳成山からなる大和三山。奈良県橿原市に位置し、いにしえより心の原郷として日本人に愛されてきたこの山々には、人々のどんな思いが込められているのだろうか。特定の場所に、神話・伝説・物語・歌は堆積する。本書は、それらをとおして、この地に重層した歴史の記憶やイメージを鮮やかに読み解いてゆく。清新な切り口で挑む国文学の冒険-そして、古代は新たな姿を我々の前に現す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ
  • 第1章 壷の中の銅銭と水晶
  • 第2章 三山鎮護の思想
  • 第3章 中大兄の三山の歌
  • 第4章 香具山西麓の森と泉の物語
  • 第5章 香具山と時間の発見
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大和三山の古代
著作者等 上野 誠
書名ヨミ ヤマト サンザン ノ コダイ
書名別名 Yamato sanzan no kodai
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2008.7
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-287952-1
NCID BA86511437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21463864
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想