遠きにありてつくるもの : 日系ブラジル人の思い・ことば・芸能

細川周平 著

郷愁、言語、芸能を手がかりとして日系ブラジル移民の歴史と文化を再考する。厖大な資料との格闘と多年にわたる現地調査から生み出された移民研究の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 思い(情けと涙-異国めく故国に縋る心とことば
  • 郷愁の系図)
  • 2 ことば(借用語を抱きしめて-コロニア語の成立と展開
  • 諸君!-弁論大会と民族主義
  • 日本ツピ同祖論-幻語学による移民創成神話)
  • 3 芸能(ブラジルの「バタフライ歌手」-異国趣味と民族主義がすれ違うオペラ
  • サンバの墓場で盆踊り-見た、踊った、化けた
  • 移民史をうなる-日系ブラジル人の創作浪曲)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遠きにありてつくるもの : 日系ブラジル人の思い・ことば・芸能
著作者等 細川 周平
書名ヨミ トオキ ニ アリテ ツクル モノ : ニッケイ ブラジルジン ノ オモイ コトバ ゲイノウ
出版元 みすず書房
刊行年月 2008.7
ページ数 469, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07379-6
NCID BA86702774
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21461071
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想