垂加神道の人々と日本書紀

松本丘 著

闇斎門下の個性豊かな諸家の事跡を通して、垂加神道の史的展開を検討すると共に、『日本書紀』神代巻の解釈に見える思想の根幹を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 垂加神道史上の諸家(垂加神道史概説
  • 浅井琳庵伝-闇斎直門の一学者
  • 埋れたる神道家守井左京
  • 玉木葦斎の人物と思想
  • 玉木葦斎と橘家神道の発展
  • 祇園社人と垂加神道)
  • 第2編 垂加神道と『日本書紀』(垂加神道に於ける『日本書紀』研究
  • 谷秦山の『神代巻塩土伝』
  • 若林強斎の神代巻講義
  • 山本復斎の『神代紀鈔説』
  • 玉木葦斎と『神代巻藻塩草』
  • 竹内式部の『日本書紀第一講義
  • 谷川士/清の『日本書紀通證』』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 垂加神道の人々と日本書紀
著作者等 松本 丘
書名ヨミ スイカ シントウ ノ ヒトビト ト ニホン ショキ
シリーズ名 日本書紀
出版元 弘文堂
刊行年月 2008.7
ページ数 290, 5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-335-16052-3
NCID BA8650212X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21461281
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想