松平定信政権と寛政改革

高澤憲治 著

[目次]

  • 第1部 松平定信政権の成立と展開(松平定信の幕政進出工作
  • 御三家と一橋治済の提携
  • 田沼意次に対する追罰
  • 御三家による幕政参与と藩政
  • 寛政二年における幕閣首脳部と改革批判の高揚
  • 寛政三年"家格令"と勘定所統制)
  • 第2部 松平定信政権の崩壊と白河藩政(大奥対策
  • 政権崩壊への道程
  • 白河藩政の動向
  • 政権崩壊前後における白河藩政
  • 寛政九年老中松平信明の勝手掛専管)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 松平定信政権と寛政改革
著作者等 高澤 憲治
書名ヨミ マツダイラ サダノブ セイケン ト カンセイ カイカク
書名別名 Matsudaira sadanobu seiken to kansei kaikaku
出版元 清文堂
刊行年月 2008.5
ページ数 500p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7924-0632-5
NCID BA85896187
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21487942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想