体の中の美術館 : eye,brain,and body

布施英利 著

芸術は、どこで生まれるか?ヒトの体で。それがこの本のテーマだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 EYE(科学の目
  • 芸術の目
  • 目の誕生
  • ワンダフル・アートの世界
  • 光と色の歴史
  • 中世フランスの光)
  • 2 BRAIN(イメージが生まれる
  • 脳が芸術を生む瞬間
  • 脳と遠近法
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ『最後の晩餐』
  • 千利休「待庵」
  • 重森三玲の庭
  • 絵画と脳
  • ピカソによる破壊
  • 脳における視覚情報
  • デュシャンによる破壊
  • 芸術における「子ども」
  • 絵画の死?)
  • 3 and BODY(手
  • 背骨
  • 内臓)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 体の中の美術館 : eye,brain,and body
著作者等 布施 英利
書名ヨミ カラダ ノ ナカ ノ ビジュツカン : eye brain and body
書名別名 Karada no naka no bijutsukan
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.6
ページ数 189p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-480-87359-0
NCID BA86412220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21496190
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想