肖像のエニグマ : 新たなイメージ論に向けて

岡田温司 著

美しい肖像画が私たちを惹きつけてやまないのはなぜか。レオナルドが描く聖母や貴婦人の「漂うような眼差し」と「慎みのある微笑み」、モランディによる「演技する壜たち」の肖像、ヴァザーリのヴェッキオ宮神話画装飾をめぐるメディチ家賛歌の「意味作用」のドラマ、ルネサンスにおける「奇矯で異常なるもの」の系譜学など、肖像という"イメージの根源"の謎と魅惑を探る。美術史と哲学、精神分析を往還しながら姿を現す、イメージの生成と受容をめぐる新しい思考の地平。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ イメージの中へ-宮川淳再訪
  • 第1部 肖像という魔術(眼差しと微笑み-レオナルドの肖像画の秘密
  • 静物の肖像-モランディの壜たち)
  • 第2部 イメージは誰のものか(「だが君、それをどう我々の意味にあてはめるつもりかね」-ヴァザーリのヴェッキオ宮神話画装飾と『議論集』
  • ジョルジョ・ヴァザーリと表象の「病」-「奇矯」なるものの系譜学のために
  • マニエリスム論再考-解釈された「マニエラ」
  • 芸術の自己免疫化を越えて)
  • 第3部 肖像のエニグマ(肖像の脱構築-ジャン=リュック・ナンシー『肖像の眼差し』の余白に
  • 肖像のパラドクス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肖像のエニグマ : 新たなイメージ論に向けて
著作者等 岡田 温司
書名ヨミ ショウゾウ ノ エニグマ : アラタナ イメージロン ニ ムケテ
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.6
ページ数 310p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-023449-8
NCID BA86364106
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21456600
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想