折口信夫論

松浦寿輝 著

主著『死者の書』に代表される折口の幻惑的な世界。著者は「ふと折口みたいな文章が書けたらと夢見てしまう心の弱さを自分の中で力まかせに抑圧してしまうことをせず…折口の言葉そのものの中で折口から遠ざかろうと努める」(本書後記)という姿勢でその世界に挑む。それにより古典的な伝記研究とは一線を画し、折口作品そのものを読み解き、作品と密着した批評の言葉を発生させることで、他の折口論にはない本書固有の表現を勝ち得た。特異な言葉の魅力を具えた折口と、詩・映画評論でも才を発揮する芥川賞作家との深遠なる闘い。そこから評論を超えた言語空間が生まれる。第9回三島由紀夫賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 音の訪
  • 2 喪の裳
  • 3 襲と褥
  • 4 石と忌
  • 5 擬と移
  • 6 死の贄
  • 補論 不在の殻-折口信夫の戦後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 折口信夫論
著作者等 松浦 寿輝
書名ヨミ オリグチ シノブ ロン
書名別名 Origuchi shinobu ron
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.6
版表示 増補.
ページ数 256p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09152-9
NCID BA8612914X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21491402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想