検証島原天草一揆

大橋幸泰 著

幕府を震撼させたキリシタンの武力蜂起「島原天草一揆」。原城の発掘成果や豊富な文献から戦いを検証。経済闘争か、宗教戦争か、あるいはその問いに問題はないか?近世社会に大きな影響を与えた一揆の歴史的意義を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 島原天草一揆の現在-プロローグ
  • 矢文に見る一揆勢の意識
  • 島原天草一揆における女性
  • 一揆集団の諸相と論理
  • 天草四郎の実像とその役割
  • 島原天草一揆の終わり方
  • 近世人の島原天草一揆認識と「仁政」
  • 「島原天草一揆」という呼称-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 検証島原天草一揆
著作者等 大橋 幸泰
書名ヨミ ケンショウ シマバラ アマクサ イッキ
書名別名 Kensho shimabara amakusa ikki
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 259
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2008.7
ページ数 196p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05659-5
NCID BA86223895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21451276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想