四君子を描く : 蘭・竹・菊・梅 : 『芥子園画伝』に学ぶ

芸艸堂編集部 編

初心者が書を学ぶ時に手本を参考にして書き写す臨書と同様に、対象の形をいきいきと描き、かつ基本的な配置や構図を独習できる教本を参考にして描き写す日本画の学習法に、臨模という方法があります。本書は、日本画の基本として最適な四君子の作品八十余図を原本より抜粋し、見やすいように構成した臨本です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春蘭(無骨色蘭
  • 露根墨蘭 ほか)
  • 夏竹(龍孫脱頴
  • 高竿垂緑 ほか)
  • 秋菊(晩香寒翠
  • 永寿墨菊 ほか)
  • 冬梅(交加取勢
  • 銕骨生春 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 四君子を描く : 蘭・竹・菊・梅 : 『芥子園画伝』に学ぶ
著作者等 芸艸堂
芸艸堂編集部
書名ヨミ シクンシ オ エガク : ラン タケ キク ウメ : カイシエン ガデン ニ マナブ
書名別名 Shikunshi o egaku
出版元 芸艸堂
刊行年月 2008.6
ページ数 87p
大きさ 19×26cm
ISBN 978-4-7538-0237-1
NCID BA86366076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21448440
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想