音盤博物誌

片山杜秀 著

シューベルトを近眼派音楽の夜明けと断じ、金満的ヴィブラートの淵源はクライスラーにありと喝破、信時潔から坂本龍一に至る隠された楽統を暴き出し、ショスタコと恋愛映画の意外な親和性を解明する-音盤の博物学者・片山杜秀が渡り歩いた傑作・問題作。『レコード芸術』誌連載の後半50本を完全収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 小指の思い出
  • 踊れ、ベートーヴェン!
  • 留学生はかく悟れり
  • 愛国のかたち
  • 生産しない女
  • 偉そうなチェロ
  • 入野義朗という難関
  • バレンボイムの複数の故郷
  • ラッヘンマンの疎外とさび
  • ドシラとゴジラ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音盤博物誌
著作者等 片山 杜秀
書名ヨミ オンバン ハクブツシ
シリーズ名 Katayama Morihide archive / 片山杜秀 著 2
片山杜秀の本 2
出版元 アルテスパブリッシング
刊行年月 2008.5
ページ数 312, 14, 15p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-903951-07-2
NCID BA86264338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21522638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想