ミニマ・グラシア : 歴史と希求

今福龍太 著

生きることが、他のなにものかに集約されることであってはならない-。全体調和の歴史を打破するための支えはどこにあるのか。権力者の歴史的時空を切り裂いて溢れだそうとする未発の世界の尖端で、時は、身体は、そして記憶はいかなる像を結ぼうとしているのだろうか。ソロー、ヴェイユ、ベンヤミン、ソンタグ、アレーナスら、生と死への誠実さを貫徹するために闘った人々の姿と思想を照らしつつ、「九・一一以後」論を超えて、人間古来の視座-ミニマ・グラシア"最小限の恩寵"-の回復をめざし、新たな歴史的倫理への探究をこころみる評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • "良き眺め"を探して
  • 衛星的暴力の彼方-メディアと世界同時性
  • 時の瓦礫の島
  • 皮膚の歴史-シャドウ・アーカイヴとしての映像
  • 廃墟とアメリカ
  • 待機する灰
  • 戦争とイーリアス-ソローからヴェイユへ
  • 眼と眼のはざまに砂漠が-アブ・グレイブを目撃しないこと
  • 蝶と樹々の回帰線
  • 月に近い町で-繭のなかのベンヤミン
  • ミニマ・グラシア-銅の李舜臣、琥珀の金芝河

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミニマ・グラシア : 歴史と希求
著作者等 今福 竜太
書名ヨミ ミニマ グラシア : レキシ ト キキュウ
書名別名 Minima gurashia
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.5
ページ数 303p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024853-2
NCID BA86105174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21445376
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想