観衆の成立 : 美術展・美術雑誌・美術史

五十殿利治 著

[目次]

  • 観衆の研究
  • 第1部 展覧会制度と観衆(文部省美術展覧会の開設と観衆
  • 美術の一般化と観衆の出現-「絵画の約束」論争を中心に
  • 明治大正名作美術展覧会をめぐって-近代美術展、近代美術館、近代美術史)
  • 第2部 発言する読者-投書と投稿画(コマ絵投書と新興美術運動-『文章世界』投稿画を中心に
  • 投稿画と同人誌-「銀皿」時代の東郷青児の登場
  • 明治末期における美意識と「美術」の制度-1909(明治42)年の『万朝報』の懸賞募集を通して)
  • 第3部 美術雑誌と読者ネットワーク(美術雑誌読者ネットワークのなかの柳瀬正夢
  • 大正期美術雑誌の投書欄について-読者とアマチュア
  • 「研究所だより」から-「アマチュア=画家」と美術雑誌読者の世界)
  • 第4部 「大衆芸術」時代の観衆(新興美術運動と大衆芸術
  • 村山知義の「天国地獄」-戦前の日本モダニズムの挫折)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観衆の成立 : 美術展・美術雑誌・美術史
著作者等 五十殿 利治
書名ヨミ カンシュウ ノ セイリツ : ビジュツテン ビジュツ ザッシ ビジュツシ
書名別名 Kanshu no seiritsu
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2008.5
ページ数 318, 10p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-080209-3
NCID BA8596641X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21449741
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想