アマリア

シルヴィ・ケッコネン 著 ; 坂井玲子 訳

フィンランドの片田舎のとある広大な干拓地を4人兄弟の末娘として相続したアマリアは、年下で身持ちの悪い作男のターヴィと結婚し、一子をもうける。やがて夫は兵隊にとられ、戦死する。その後アマリアは再婚もせずにひとり子育てに専心するが、息子が成人して、家庭を持つと首都へルシンキに向けてひとり旅立って行く…フィンランド版「女の一生」。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アマリア
著作者等 Kekkonen, Sylvi
坂井 玲子
ケッコネン シルヴィ
書名ヨミ アマリア
書名別名 Amalia

Amaria
シリーズ名 1000点世界文学大系 北欧篇 1
出版元 北欧文化通信社
刊行年月 2008.6
ページ数 233p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-938409-00-5
全国書誌番号
21441324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想