悉皆屋康吉

舟橋聖一 著

呉服についての便利屋であり、染色の仲介業者でもある「悉皆屋」の康吉は、職人としての良心に徹することで、自らを芸術家と恃むようになる。大衆の消費生活が拡大する大正モダニズム期には、華美で軽佻な嗜好を嫌い、二・二六事件の近づく昭和前期には、時代の黒い影を誰よりも逸早く捉える男でもあった。著者が戦時下に書き継ぎ、芸術的良心を守った昭和文学史上の金字塔と評される名作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悉皆屋康吉
著作者等 舟橋 聖一
書名ヨミ シッカイヤ コウキチ
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2008.6
ページ数 316p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290016-4
NCID BA86109197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21438439
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想