喜界島・鬼の海域 : キガイガシマ考

福寛美 著

南の海に浮かぶサンゴ礁の島、喜界島。ヤマト(日本)と琉球王国それぞれの文化圏の境界にあり、また「貴」「鬼」など、さまざまなイメージで記され伝えられてきたこの島の真の姿に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 考古事象(城久遺跡群
  • 越州窯青磁)
  • 2 物語世界のキカイガシマ(俊寛の物語
  • 羽根蔓と鳥頭 ほか)
  • 3 境界の世界(源頼朝
  • 源義経 ほか)
  • 4 キカイガシマと琉球(尚徳王
  • 喜界島の勝連家 ほか)
  • 5 鬼の世界(食人の国
  • 鬼の観念 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 喜界島・鬼の海域 : キガイガシマ考
著作者等 福 寛美
書名ヨミ キカイシマ オニ ノ カイイキ : キガイガシマ コウ
書名別名 Kikaishima oni no kaiiki
シリーズ名 新典社新書
出版元 新典社
刊行年月 2008.5
ページ数 125p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7879-6110-5
NCID BA8615042X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21446625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想