はじめて学ぶ技術倫理の教科書

今道友信, 札野順 編

科学技術は、強力な手段であるとともに、人間の環境の一部として当たり前の存在になっている。今日の技術者には倫理的な視点をもった問題解決能力が求められている。日々直面する複雑な問題に対して、最善の解を導き出すにはどうしたらよいのか。本書で、哲学の源泉をたどり、倫理的素養と倫理的分析力を身に付け、意思決定と行為の設計に必要な基本を体系的に学んでいこう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 問題の提起-技術者の意思決定と行為は、どのような結果を招くのだろうか
  • 2 倫理学の必要性とその歴史
  • 3 新しい学問エコエティカ
  • 4 人権と生活権-生圏における
  • 5 技術者の倫理とは何か
  • 6 技術者倫理と信頼
  • 7 公益と価値共有
  • 8 技術者の制度と国際化
  • 9 企業倫理-技術者倫理確立の条件:個人倫理、企業倫理、社会的支援制度との関係から
  • 10 セブン・ステップ・ガイドを用いたケース分析の手法
  • 付録 事例集

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめて学ぶ技術倫理の教科書
著作者等 今道 友信
札野 順
書名ヨミ ハジメテ マナブ ギジュツ リンリ ノ キョウカショ
書名別名 Hajimete manabu gijutsu rinri no kyokasho
出版元 丸善
刊行年月 2008.5
ページ数 188p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-621-07986-7
NCID BA86013225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21445271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想