ゆとろぎ : イスラームの豊かな時間

片倉もとこ 著

「ゆとろぎ」とは、「ゆとり」と「くつろぎ」を足して「りくつ」を引いたもの。イスラームの日常のなかで大事にされている「ゆとろぎ」、ラーハは、どのように日々実践されているのでしょうか。毎日の会話のなかで、子育てのなかで…。追われる毎日が変わる、人生の知恵。いままでのイスラーム観も変わります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ゆとろぎとの出会い(沙漠の石ころとわたしと
  • 「ゆとろぎ」とは何か
  • ゆとろぎの風景
  • ラーハの世界へ-遊牧の子どもたち
  • 風の道…に…ぺたん)
  • 2 ラーハの世界(香りの道中記
  • 草の根のフィランソロピー
  • 「ゆとろぎ」とすまい
  • 酒は多少の益もある)
  • 3 言の葉の舞う世界(花びらのような言の葉はどこに
  • 「あいさつ」のしらべさまざまにとびかって
  • 言葉は、つむぎつながれ
  • ラマダーンがやってくる!)
  • 4 「愛着空間」をひろげる旅(水色の星を旅する
  • 北ぐにでの出会い
  • 沙漠の開発
  • 中国の静粛なモスクにて)
  • 5 ゆとろぎの時空(たおやかな魂がボーダーを越える
  • 異文化にさわり、おもいきって、のみこんでしまう
  • 祈りのある風景-生活のリズムとともに)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゆとろぎ : イスラームの豊かな時間
著作者等 片倉 もとこ
書名ヨミ ユトロギ : イスラーム ノ ユタカナ ジカン
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.5
ページ数 196p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-025406-9
NCID BA86138118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21441070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想