中近東

甲斐静馬 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • I 嵐に立つ中近東 / p1
  • 植民主義と反植民主義の激突 / p2
  • スエズ国有化をめぐる闘い / p6
  • 愚かなる冒険 / p10
  • アイゼンハウァー・ドクトリンの登場 / p14
  • II 中近東の国ぐに / p19
  • 厳しい自然、おくれた経済 / p20
  • 不均衡な発展 / p25
  • 高まる重要性 / p32
  • III 偉大な過去の遺産 / p35
  • 1 サラセン文化 / p36
  • アラブの征服 / p36
  • サラセン文化の業績 / p39
  • 無形の財宝 / p43
  • 2 イスラム教 / p45
  • マホメットとイスラム教 / p46
  • イスラムの影響 / p51
  • イスラムはどこへ / p56
  • IV 外国勢力の侵入 / p59
  • 1 外国勢力の侵入とその影響 / p60
  • ヨーロパ列強の角遂 / p60
  • イギリスの弱体化とアメリカの進出 / p66
  • 侵入を助けた独特の制度 / p70
  • 列強侵入の影響 / p74
  • 2 中近東最大の利権、石油産業 / p80
  • 中近東石油はこうして開発された / p81
  • アメリカ資本の優位確立 / p87
  • 嵐のような発展のテンポ / p90
  • 尨大な利潤、潤わぬ民衆 / p95
  • V 中近東諸国の政治と経済 / p103
  • 1 中近東のガン、土地問題 / p104
  • 著しい土地の偏在 / p106
  • 独特の土地制度-ワクフとムーシャ / p111
  • 各国の土地改革 / p114
  • 2 遅々たる工業化 / p120
  • 工業化の経過 / p121
  • 工業化の現段階 / p128
  • 山積する前途の困難 / p134
  • 3 不安定な政治 / p139
  • 中近東地域の特殊事情 / p140
  • 「逆立ちしたピラミッド」 / p145
  • 遅れている政党組織 / p151
  • VI 中近東の民族運動 / p155
  • 1 民族運動の発生と発展 / p157
  • 民族の立ち上がり / p157
  • 第一次大戦後のアラブの闘争 / p163
  • 第二次大戦後の発展 / p167
  • 北アフリカ三国の民族運動 / p173
  • 2 パレスチナ問題 / p178
  • アラブ、ユダヤ両民族の対立 / p179
  • パレスチナ戦争 / p184
  • パレスチナ戦争以後 / p189
  • VII 中近東はどこへ / p195
  • 最近重要事項年表 / p201
  • 中近東要図

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 中近東
著作者等 甲斐 静馬
書名ヨミ チュウキントウ
書名別名 Chukinto
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1957
版表示 15刷改版
ページ数 203p 図版 地図
大きさ 18cm
NCID BN01946590
BN13034951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57009706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想