母は娘の人生を支配する : なぜ「母殺し」は難しいのか

斎藤環 著

娘を過剰な期待で縛る母、彼氏や進路の選択に介入する母…娘は母を恨みつつ、なぜその呪縛から逃れられないのか?本書では、臨床ケース・事件報道・少女まんがなどを素材に、ひきこもり・摂食障害患者らの性差の分析を通して、女性特有の身体感覚や母性の強迫を精神分析的に考察し、母という存在が娘の身体に深く浸透しているがゆえに「母殺し」が困難であることを検証する。「自覚なき支配」への気づきと「自立」の重要性を説き、開かれた関係性に解決への希望を見出す、待望の母娘論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ「母殺し」は難しいのか
  • 第1章 母と娘は戦っている
  • 第2章 母の呪縛の正体をさぐる
  • 第3章 女性ゆえの困難について
  • 第4章 身体の共有から意識の共有へ
  • 終章 関係性の回復のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母は娘の人生を支配する : なぜ「母殺し」は難しいのか
著作者等 斎藤 環
書名ヨミ ハハ ワ ムスメ ノ ジンセイ オ シハイスル : ナゼ ハハゴロシ ワ ムズカシイノカ
書名別名 Haha wa musume no jinsei o shihaisuru
シリーズ名 NHKブックス 1111
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2008.5
ページ数 220p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091111-2
NCID BA85958386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21435945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想