ストレス対処能力SOC

山崎喜比古, 戸ヶ里泰典, 坂野純子 編

病気生成論から健康生成論へ着眼点をシフト。ストレス対処・健康維持のメカニズムを個人レベルでなく社会レベルでとらえる注目のSOC概念をやさしく説く。医療・看護・福祉関係者をはじめ一般の方々にとっても、目からウロコの視点を提供する画期的な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ストレス対処能力SOCとは
  • SOCはどのように測ることができるのか
  • SOCの形成要因-SOCはいかにして育まれるのか
  • 成人のSOCは変えられるか
  • SOCと健康
  • SOCと社会
  • 家族のSOC
  • 紛争とSOC
  • 患者のSOC
  • 病気の子どものSOC-病気の子どものSOCは病気ではない
  • 高齢者のSOC
  • 子どものSOC-今、なぜ子どものSOCか?
  • 労働者のSOC
  • 今後の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ストレス対処能力SOC
著作者等 坂野 純子
山崎 喜比古
戸ヶ里 泰典
書名ヨミ ストレス タイショ ノウリョク SOC
出版元 有信堂高文社
刊行年月 2008.5
ページ数 228p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8420-6574-8
NCID BA8606523X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21437414
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想